目の下のたるみを自己ケアした方法と最終的に選んだ施術について

鏡を見たら、目元に影が

30代後半くらいから、目の下たるみが気になってしまうようになりました。
若い頃とは肌に変化が起きてしまい、最初の段階では鏡を見た際には影のようなものを見つけてしまいました。
そのため、ケアを自宅で行うことになり、当初行っていた内容では、夜間に洗顔をしっかりと行い、その後に化粧水を用いる方法から乳液を用いる方法、最終的に美容クリームを塗ることを行っていて、スキンケアを徹底していました。
さらに、目の下のたるみをできるだけ解消するために、マッサージを施すことを行っていて、その方法に関しては、顎から目の下に向けて指でなぞるようにマッサージを行う方法と、もう一つは眉毛を片方の指で少しだけ持ち上げた状態で、目の下の部分の皮膚を反対側の指で上下に動かす運動を行っていました。
このケア方法で2年間程度を行っていて、実際に効果を感じることができたのですが、その後は加齢によってさらにたるみの部分が目立つようになりました。
スキンケアとマッサージを毎日行っていても解消することができない状態に陥ってしまったので、初めの頃は諦めを感じてしまうこともありました。
しかし、インターネットなどで情報を探していた時にみつけたものがあり、美容整形を利用する方法を考えるようになりました。
私は美容整形に関しては少しの抵抗感を持っていて、以前から存在は把握してましたが、メスを使って切開を行うようなイメージがあったので、恐怖感などを感じてしまうことがありました。
ところが、インターネットで調べてみたところ、現在での新しい方法が用意されていて、切開を一切行わない方法で、顔の不具合を解消させることができる技術が浸透していることを知りました。
しかも、目の周囲のたるみの場合では、簡単に解決することができないと考えていたのですが、短時間にて施術を済ませる簡単な方法が用意されていることを知り、非常に興味を持つことになりました。

鏡を見たら、目元に影が / 美容外科でまずは相談を